このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ図書館の運営> 資料収集方針

資料収集方針

神栖市立図書館資料収集方針  

(平成27年5月改正)
  1. 資料収集の基本方針
  • 公共図書館の役割、利用者各層の要求及び社会的な動向を十分配慮して、ひろく市民の文化、教養、調査研究及びレクリェーション等に資する資料を収集する。
  • 収集に当たっては、著者の思想的、宗教的、政治的立場等にとらわれることなく、それぞれの観点に立った資料を幅広く収集する。
 
  1. 各館の収集資料

  各館は、その施設の規模、地域性及び館の機能に応じた蔵書構成に留意し、神栖市立図書館として体系的な資料の充実を図るものとする。

  • 中央図書館は、神栖市立図書館の中心館として、地区館が収集する資料のほか専門的図書、参考図書、地域・行政資料その他地区館のサービスを補完する資料の収集に努めるものとする。
  • 地区館は、市民の一般教養、実用、趣味及び娯楽等に資する資料のほか、調査研究に資するための基礎的、入門的な資料も収集する。
 
  1. 収集資料の種類

  収集する資料の種類は、次のとおりとする。

  • 図書
    一般図書、児童図書、参考図書
  • 地域・行政資料
  • 逐次刊行物
    新聞、雑誌、その他
  • 視聴覚資料
    ビデオテープ、コンパクトディスク、カセットテープ、その他
  • その他
    点字図書、録音テープ図書、大活字本、拡大写本、マイクロフィルムなど
 
  1. 収集資料の範囲
  • 収集資料は、国内で刊行される資料を中心とし、各分野にわたり広く収集する。
  • 多様な対立する意見のある問題については、それぞれの視点に立った資料を幅広く収集する。
 
  1. 資料別収集方針

  資料の資料別収集方針は、次のとおりとする。


(1)図書

  1. 一般図書は、基本的、入門的な図書のほか、必要に応じ、専門的な図書まで幅広く収集する。ただし、極めて高度な専門書、学術書、学習参考書、各種試験問題集及びテキスト類は原則として収集しない。
  2. 児童図書は、児童が読書の楽しみを発見し、読書習慣の形成と継続に役立つように、各分野の資料を広く収集する。ただし、漫画本については、すぐれた作品を適宜収集する。
  3. 参考図書は、市民の日常の調査研究のための必要な辞典、事典、年鑑、目録、書誌、地図等を幅広く収集する。
  4. 洋書等海外資料は、必要に応じて収集する。


(2)地域・行政資料

  1. 神栖市に関する資料は、図書、新聞、雑誌、行政資料、パンフレット、地図、写真等可能な限り収集する。
  2. 茨城県及び県内市町村に関する資料は、基本的資料、歴史的資料及び神栖市に特に関係ある資料を中心に収集する。


(3)逐次刊行物

  1. 新聞は、国内発行の全国紙を中心に、児童向けのものも含めて収集する。なお、専門紙及び機関紙については、必要に応じて収集する。
  2. 雑誌は、国内発行の各分野における基本的な雑誌を中心に、児童及び青少年向けのものも含めて収集する。なお、高度な専門雑誌及び娯楽雑誌については、利用度及び必要に応じて収集する。ただし、漫画雑誌は、原則として収集しない。


(4)視聴覚資料

  1. 映像資料
    1. 1)映画、アニメなどの他、ドキュメンタリーや学習、スポーツ、音楽その他の映像作品など、市民の娯楽や教養および実用に資するものまで幅広く収集する。
    2. 2)館外貸出に関する著作権処理がされた資料を収集する。さらに、館内視聴用については、利用者の要望に対応するため幅広く収集する。
  2. 録音資料は、クラシック、ポピュラー、民族音楽、演芸、朗読、記録等の基本的作品及び代表的演者の作品を中心に収集する。


(5)その他

  1. その他の資料は必要に応じて収集する。 
 
  1. 寄贈資料等の収集

  資料の収集については、購入を原則とするが、寄贈、寄託等も必要に応じて活用する。この場合についても、ここに定める収集方針を適用する。

このページの先頭へ

 

自費出版物について

  自費出版物の収集については、資料的価値または、需要などに応じて限定的に収集します。

収集について

  • 収集は積極的には行いません。
  • 収集するものの一例として、神栖市民の著作等、および地域行政資料類
  • 収集しないものは、宗教の布教および、特定の企業の営業等を目的とした内容のもの 

【アクセス数